Mongol800(モンゴル800)/Danielのレビューです。 Mongol800(モンゴル800)/Danielをまだ聴いていない人、気になる人、昔大好きだった人は、ぜひ参考にしてみてください。


Mongol800



プロフィール

tomihide

Author:tomihide
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Daniel |モンゴル800
90点



Mongol800(モンゴル800)の待望の4th、『Daniel』。


Mongol800『Daniel』を聴いてまず思ったのが、
これまでで最も各曲がしっかりしているなぁという印象。
(演奏がところどころ冗長気味なのは相変わらずだが)


そしてこの『Daniel』はこれまでに比べて一番歌がうまいと思う。昔のように音外さないし。
音質も作品ごとに段々チープさがなくなってきている。
チープなのはMongol800の代名詞でしたから。


『Daniel』ではMongol800の演奏レベルも上がっている。
とは言っても各自が技を増やしたりはせず、安定した表現に重きを置いているようだ。
(そういえば、10-feetの新作も同じくシンプルに来ましたよね。)


これまでのMongol800作品の中で最高傑作だと思いました。



…最高傑作なのだが、実は、腑に落ちない。
モンパチに求めているのは、これではないような気も。

まず2nd、3rdと比べると、『Daniel』では曲の質が大きく変わった。
過去のどの作品にも共通していた、

・ややメランコリックであり
・優しく
・飾らない

というモンパチ独自の雰囲気がなくなってしまっている。
正確に言えば後半は少しその雰囲気を取り戻すのだが。
(そう思いません??)

飾らないのが魅力の一つであったMongol800も、
この『Daniel』では、若干だがオシャレになってしまった。

『Daniel』の点数は、そのクオリティの高さゆえ90点と評したが、実は一番満足のいかない作品でもある。



Mongol800の成長を喜ぶと同時に、彼らが違う世界の人たちになってしまったみたいで、非常に複雑な一枚である。




とか言って結局好きだったりして。笑


DanielDaniel
モンゴル800
ハイウェーヴ
発売日 2006-08-08



Mongol800『Daniel』ハイクオリティ問題作です…






スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。